​施術の流れ

​(1)カルテのご記入/カウンセリング

 お越しいただいたらお茶で一息つきながらカルテのご記入をお願いします。その後、そのカルテを元に詳しくお話をお伺いします。お辛い症状(主訴)のほか、睡眠時間やお食事、排泄、月経についてなど日常生活に全般について、細かくお伺いします。これらは治療方針を立てるための大切な情報となります。

​(2)東洋医学的診察

 専用の施術着にお着替えいただいたら、ベッドに仰向けに寝ていただきます。東洋医学的にお身体全体を診察してから、総合的に判断して治療方針を立てます。

脈診:両手首の脈の強さ・速さなどを診ます。

舌診:舌の色・苔の状態・形などを診ます。

​腹診:お腹の冷え・皮膚の状態・柔らかさなどを診ます。

​切診:直接肌に触れて、反応が表れているツボを探します。

​(3)施術開始

<鍼灸>

お肌に直接お灸が触れない温灸で腰やお腹のツボをゆっくりと温めてから、必要な箇所へ鍼とお灸をしていきます。

 

<マッサージ>

うつ伏せで肩首/背中/腰/脚を、仰向けで頭部をほぐしていきます。

60分以上のコースでは横向きでも施術を行います。

​(4)終了/ご説明

 お着替えが終わりましたら、お身体の状態、施術後の過ごし方、今後の施術についてなどご説明します。また、温かいハーブティなど季節ごとに数種類お飲み物をご用意しています。ゆっくりとお召し上がりください。