私の一人目妊活のお話

こんにちは。

さいたま市緑区原山の女性のための小さな治療室

はり・きゅう よもぎ庵の石垣京子です。


最近、妊娠希望のお客様からのお問い合わせやご予約が増えてきています。

女性には妊娠・出産のタイムリミットがあります。


35歳を過ぎると妊娠しにくくなるし、流産の確率も上がる。


胎児の染色体異常の確率も上がります。 だから早め早めに行動を起こすのは大正解です。

実は私はこのことを鍼灸学校で学ぶまで具体的に知りませんでした。


だから授業で習ったときには「ええっ!聞いてないよ〜!!」とびっくりしました。


当時(確か)31歳だった私は慌てて計算しました。


国家試験が終わるまでは妊娠できない、卒後も鍼灸師として数年は研鑽を積みたいから妊娠できない。


っていうことは何歳のときに妊娠するのがベストかというと、、、。


35歳なんて軽く超えちゃってる!!



結局、国家試験を突破し都内の鍼灸院に勤め始めてしばらくしてから自己流で妊活開始。


毎月生理もあるし、避妊しなければすぐできるだろうと思っていたけど甘かった。


一年間、基礎体温をつけ排卵検査薬を使ってタイミングをとってもできない。



そして思い切って不妊治療を行っている病院へ通い、検査開始。


結果、夫婦共に問題なし。でも妊娠しない。


タイミング法と並行して人工授精を試みるも撃沈。


最初の頃こそ「今回は妊娠してるかな?」とドキドキしながら過ごしていましたが、しばらく経つとそんな気持ちにもならなくなりました。


そしてやっと妊娠した!と喜んだのもつかの間、流産。



その後勤めていた鍼灸院を退職しました。


あまりにも激務だったので、少しお休みして今一度自分の身体と心を調えたかったのです。



すると流産した約5ヶ月後、全く期待していなかった周期に妊娠しました。


妊活を開始してから妊娠するまで約3年かかりました。





東洋医学的に考えると、私の場合は生殖に関わる「腎」という部分が弱っていたのでしょう。

そして仕事でのストレス、また妊活のストレスにより知らず知らずのうちに「肝」の働きも悪くなり、気や血が滞ってしまっていたのだと思います。

それが鍼やお灸をすることで気血が巡るようになり、仕事をやめリフレッシュできたことで良い方向に向かったのかなと分析しています。



妊娠に至らない理由は本当に人それぞれです。


いろんな病院があり、本があり、ネットで検索すれば情報に溢れています。


検索魔になり結局その情報の多さに疲れてしまい、どうしていいかわからない。


体外受精にステップアップした方がいいのか、するならどの方法が自分にはいいのか。


そして本当に妊娠できるのか。。。


そんなふうに悩んでいらっしゃる方はいませんか?


私がまさにそうでした。

二人目の妊活では体外受精もしましたし、流産も合計三回経験しました。


鍼灸師として一緒にその原因を探り妊娠のための身体作りのお手伝いをするだけではなく、「ストレスフルな妊活を経験した者として」お話をお伺いします。


一緒に頑張りましょう。