あなたの冷えはどのレベル?

11月に入り、すっかり秋らしくなりましたね。


夏の間は大丈夫と思っていた人でも、そろそろ冷えを感じ始めた人もいるのではないでしょうか。


冷えといってもいろいろです。



*足の先だけ冷たい


*くるぶし辺りまで冷たい


*ふくらはぎも冷える


*膝辺りまで冷える


*太ももまでスースーする


*お尻も冷たくひんやりする



当てはまるものはありましたか?


下に来るにつれ、冷えが強い状態です。


告白しますが私は以前、お尻まで常に冷えている状態でした。


そして冬になると左のお尻から太もも、足首にまで痛みが走るように…。

ではどうしたらいいのでしょう?

大まかに言うと、体の内側から温めることとそれをキープするための保温が大切です。


*冷たい飲み物は避け温かいものにする *身体を温める作用のある根菜類をとる *シャワーだけで済ませずに、お風呂にゆっくり浸かる *タイツやストッキングではなく靴下を履く *湯たんぽで温める、などなど。



自分で出来そうなこと、続けられそうなことから生活に取り入れていくといいですよ。


では、鍼灸では冷えの方にどういったことをするのでしょうか。


身体には自ら温めようとする力がありますが、冷えの強い人はその機能が弱まっていることが考えられます。


ですのでその機能を鍼やお灸で回復させるように施術をします。


腰まわりのツボを温灸でゆっくりと温めるだけでお腹まで温まりますし、全身がホカホカしてきます。


それでも足の先などに冷えが残る場合は、直接足の裏にお灸もします。



こうすることで徐々に冷えが取れてきます。

お尻まで冷たかったのが膝まで下がってきて、足首までになり足先だけスースーする感じになり、といったように冷える場所が変わってくることが実感できますよ。


また外に出た時など一時的に足が冷えたとしても、それが長い時間ずっとそのままということはなく、しばらくするとまた冷えの取れた状態に戻るようになります。


「私、ひどい冷え性なんです〜」



という方、鍼灸がお力になれます。 温かい身体で免疫力もアップさせ、冬も元気に過ごしましょう!

最新記事

すべて表示