お話は遠慮せずにどうぞ

「こんなに親身になって話を聞いてもらえて、本当に良かったです!」 先日、あるお客さまから言われた言葉です。 他の鍼灸院にも行ってみたけれど、あんまり話を聞いてもらえたという実感がなかったんだそう。 こうおっしゃっていただけると私も嬉しいです。 話すこと、誰かに話を聞いてもらうことだけでも心を軽くしてくれます。

鍼灸医学(東洋医学)は病院と違って検査をすることができません。 そのかわりに脈を診たり(脈診)舌の状態やお腹の状態(舌診、腹診)、冷えているところやコリなどはないかとお身体を触ること(触診)によって色々な情報を得て、施術方針を立てています。 その情報を得るための一つに「問診」があります。 お話をしっかり伺い、お悩みの症状が生まれた背景を探るのです。 鍼灸院、特によもぎ庵のような小さなサロンの良いところは、「完全なプライベート空間であること」だと思っています。 誰かに聞いてもらいたい心のモヤモヤやイライラの原因、悩みなども遠慮なくお話ししてくださって構いません。 鍼灸師には守秘義務がありますので、もちろん心配はご無用です! とは言え、静かに休みたいという時には無理にお話ししないでも大丈夫。 施術を受けながらゆっくり休んでいってくださいね。

最新記事

すべて表示